お客様との思い出(抜粋)

(H10.11~ )

 

 

このページでは、ご利用いだたきましたお客様からのお手紙をご紹介いたします。ご参考になさってください。またお手紙を頂いた方々にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

 

 

先般は大変お世話になりました。又早速に丁重なる御礼状ありがとうございました。6年ぶりに油屋を訪れ懐旧の情格別でした。また機会を得て女将さんやすばらしい湯原との再会をしたく思います.お元気で。

 

 

 

食湯館の落成開店をお慶び申し上げます。皆様が一所懸命に努力された成果と思い今後益々のご発展を祈ります。本館の大奥様も御元気のことでしょうか。別館の若夫婦、そして望月様にも皆様御元気でとよろしくお伝えのほどを今年は無理ですが来春蒜山にわらび狩りに行く予定ですその節は呉々もよろしく。貴館の晴れの日が嬉しいです。

 

 

前略御免下さいませ先の頃は世なれぬ年寄りがお伺い致しまして大変お世話様になりました。奥様には身内の様なお優しいおもてなしを頂きました上帰りには私にあてお土産を頂戴いたしましてありがとう御座いました。勿体ないようなお部屋で珍しいお料理でゆっくりして最高に嬉しい時をもたせて頂きました。只一つ心残りで御座いますのは私出ます前から風邪気味で折角のご馳走をお粗末に致しました事折角の板前さんのお心に大変申し訳ないことを致しました、とお伝えくださいませ。静かな部屋のガラス越しに眺めた朝もやの立ちのぼる夜明けの景色、一幅の絵になりそうな山深い出で湯の郷の秋半ばの余韻はいつまでも私を楽しませてくれそうです。 拙筆の上に言葉足りませんが心からの御礼を申し上げさせて頂きます。

 

 

前略先日は家族四人ゆっくりとくつろがせていただき沢山のお料理もとってもおいしく神戸へ帰りましても全員感じのいいお宿だったといっております。24日は蒜山高原へ行き牛と写真を撮ったり散歩して大山へ向い雪景色も見て足立美術館へと本当に見ごたえがありました4時15分に美術館を出て神戸へと帰り無事8時40分には帰宅しました。寒さに向かいますのでくれぐれもお身体にご自愛下さい。皆様にもどうぞよろしくお伝え下さい。かしこ

 

 

母の温泉行きを思い切って決行致しまして本当に良かったと思っています。大変よろこんで居りますとてもいいお湯で必ず又参りたいものです。秋田にいる義父をいつか夫と連れてきてあげたいと話しています ありがとうございました。 皆様のご健康をお祈り致しております。 お礼まで...

 

 

今年も残すところあとわずかとなりましたがいかがお過ごしですか。先日はお世話になりました。日常の忙しさを忘れて皆良き思い出を作ることが出来、還暦を迎えた父も喜んでおりました。それでは。来年も素敵な1年であります様にお祈りしております。 かしこ

 

 

ここ二、三日大変寒い日が続いていますが御地はきっと雪でございましょう。その後皆さまお変なくお過ごし事と存じます。お正月には大変お世話になり有り難うございました。美味しいお料理と良いお湯とまさに最高のお正月を過ごさせて頂きました。家内中大変喜びまして各々、東京.神戸へと帰って行きました。私にとりましても湯原は懐かしい地ですが何十年振りでしょう。かわいいお嬢さまやお世話して下さいました係の方々に呉々もおよろしくお伝え下さいませ。 これまで

 

 

9~10日にお世話になりました**です。 父が大変喜んでくれましたので、私もホッと一息ついているところです。 料理が豪華で、しかもたっぷりの量で大満足でした。 全体的に薄味で、とってもおいしかったです。 一番気に入ったのは茶碗蒸です。最高においしかったです! 従業員の皆様も、父にお祝いの言葉を掛けてくださったり、 子供の相手をしてくださったりで、とてもうれしく思いました。 帰りには、橋を渡って対岸を走っている時にまで手を振ってくださり 感激しました。 また、ぜひ行きたいと思います。 たいへんお世話になりまして、ありがとうございました。   最後に、303号の白いテープルに子供が落書きをしてしまいまして、 申し訳ございません。色鉛筆ですので、消しゴムで消して帰ろうと 思って、忘れてそのままにしてしまいました。 お詫び申し上げます。

 

 

体調が不十分で**君の奥さんが急に不参加になりご迷惑をおかけしました。 久しぶりに同窓生の仲間とゆっくりくつろげ 温泉を楽しみました。 有難うございました。

 

 

初めてご利用させていただきましたが、もう一泊したかったような気分でした。この次はぜひとも夢酔庵・食湯館を試してみたいと思います。ホテル風のセパレート感覚は宿泊客や日帰り温泉客にも両方使えますね。ドライブには積雪もなく快適な運転でしたが、冬の温泉にはやはり雪が似合います、両方望むのは欲が深い?!ですね。 雪見会席、惜しむらくは期待していたカニ一匹がイマイチでしたねえ・・・・帰路は備中高梁から倉敷を見物しました。お世話になりました。はんざきとは確かサンショウウオの俗称でしたね。 焼き物が面白かったです。

 

 

インターネットによる利用は初めてだったので若干不安を感じていましたがスムーズに事が運び幹事としては喜んでいます。皆も満足して楽しく過ごすことが出来ました。 有り難う御座いました。

 

 

27日・28日とおじゃましました。 表現が変ですが、人・モノ・金・情報経済にかかわる全てがすばらしかった・・・e-mailやwebで情報入手 駐車場お出迎え フロントチェックインから仲居さんお店の方々、お部屋、お風呂、お湯、お料理、サービス、雰囲気、にいたるまでとっても幸せ気分でした。 貸し切りのお風呂も贅沢気分満喫でした。実は出掛けに急に車が故障してしまって、ディーラーの台車もなく(こんなハプニングそうそうありませんよね?)断念しかけたのですが、せっかく予約がとれたことだし・・と、なんとか(念のためスタッドレスの)レンタカー借りて向かいました。 天気がはっきりせず晴れたり曇ったり天気雨だったりでとってもきれいな虹もみられてほおおんんとに今回の油屋さん2日間は良い思いでになりました。たのしかった~ありがとうございました。

 

 

トラブルがあり、たいへんでしたけど食事もおいしかったし,仲居さんもいいひとでしたもちろん温泉もよかったです 帰るときも最後まで手もふってくださいました来た時も子供がいてるのでというと入り口の近くに車おかしてくれたしすごくうれしかったです。感謝の意味でお土産も油屋さんでたくさんかいました。しかし今回のミスは許されていいことなんですか油屋さんの信用問題でわないですか?始めに電話した時点で調べるのがふつうじゃないでしょうか?たとえこちらで電話番号間違えたとしてもこちらでわ**放送の*******とは,契約しておりませんといえたのでわないでしょうかメールも送ったし,電話も2,3かいしました、帰ってきてもあとあじが悪いです,今後このようなことがないようにきおつけてもらいたいものです友達にも胸はってお勧めできないです。春には招待されたところにいきます気持ちよく行きたいものです。このメールはお上さんにみていただいてください。

(私どもの手違いである番組の視聴者プレゼントに当選なさった方のメールです。お客様には大変ご迷惑をおかけしました。 油屋)

 

 

この前は、ありがとうございました。料理もおいしかったし,お風呂もゆっくりと入れたので気持ち良かったです。また、時間が取れたら行こうと思います。本当にありがとうございました。

 

 

とてもすてきな時間を過ごさせていただきました。ずっといい思い出で心に残りそうです。お風呂(特に家族風呂)、食事、焼きたてのパン、見事な景色、どれをとってもよかったです。 天気がよかったらもっとすてきだったのでしょうね。もっとも、夕食のおかずの数が他と少なかったのは愛嬌でしたが。(ちょっと残念)また、機会があれば利用させてください。楽しい時間をありがとうございました。

 

 

こんにちは、先週家族で、湯原温泉の露天風呂に行く途中に油屋さん(食湯館)の前を通りかかりました。ちょうど今「千と千尋の神隠し」という映画をやっていますが、家族全員その映画を見た直後だったので もうびっくり!その舞台となっている温泉旅館が『油屋』なのです。 小学生の甥、中学生の姪など、もうおぉ喜びで大変でした。(宿泊もしていないのに、たくさん写真を撮らせて いただきました)少し手前に赤い橋と、ピンクっぽい建物があるのも映画の雰囲気にぴったりなんです。みんなで、きっとあの映画はこの「油屋」さんが元になっているに違いない!宮崎監督はきっとこの湯原温泉に来たにちがいない!!と断言していたのですが、(ほんとうに、雰囲気もちょっと似ているのです) 帰って見た映画のパンフレットには道後温泉を参考にしたと書いてあってがっかり・・・ でも、とにかくあまりにすごく雰囲気が似ているのでもしそちらとなにかあるなら教えていただきたく、もし「千と千尋」にカンケイなくてもぜひぜひお知らせしたくてながながとメールを書いてしまいました。★この映画をネタにキャンペーンをするとすごい事になると思います!絶対!!!お勧めです!!!!あと、湯屋で油屋っていうのが映画を見ていて、とても気になっていて、昔は「お湯」が「油(ゆ)」だったのか とか・・・全国にも「油屋」さんがたくさんあるのかとちょっと調べましたが、長野県の諏訪市にも「油屋」さんという旅館があり、やはりそうなのかもと・・・もし、そのあたりの事がわかれば教えていただけないでしょうか。 油屋さんのパンはすごくおいしかったです。メープル味のをいただきました。次はぜひみんなで泊りに行きたいと思います。

 

○○○様へ湯原温泉油屋 予約係槙原と申します。この度はメール大変ありがとうございました。 映画「千と千尋の神隠し」では私どもも正直大変驚いております。お客様から教えていただき調べてみると弊館と雰囲気が似ているようにも思います。全国で旅館や民宿「油屋」も5~6件ありますがうち以外該当がないよ うですし、そういえば昨年建物のスケッチをしている人をみたというものもでてきたりして....。ですがい ろいろ調べても直接「湯原の油屋を参考にして」というようなコメントを宮崎さんがされてはいません。した がってそれを使っての宣伝はできず、アニメのイラストを館内に掲示してご案内して映画の宣伝をさせていただ いております。仮に弊館が参考に使われているとしても湯屋を特定してしまう事は映画の意図するところを変え てしまうということになりかねませんので、昔の湯屋の代表名詞として「油屋」を使って頂いたと納得しており ます。  ○○様のようにお越し頂いた方が心の中に思っていただくことを大変嬉しく思います。ちなみにローソンのこのページでは投稿させていただきました。  http://www.at-lawson.com/AboutView.cfm?LayoutGroupid=2500お尋ねの「油屋の由来ですが、ホームページ上でご案内させて頂いてる文章から「いいつたえ かつて湯原は、山陽道と大山、倉吉を結ぶ街道の宿場町として栄えたところです。 大山に詣でる旅人や米商人、牛や煙草を山陽道へ荷送りする人々などでずいぶん賑わったといわれています。 元禄元年以来、夜ごと行灯の油を絶やさず旅人を迎え、道中の燈火の油を提供し続けてきたことから、”油屋”と呼び慣わされるようになった弊館。 三百有余年に渡るその伝統は、湯原温泉郷の歴史そのままでございます。 良質に恵まれた温泉、旬味の膳、四季折々の美しい風景。 今も変わらぬおもてなしで皆様のお越しをお待ちいたしております。」と聞いております。以前は宿屋が油も扱っていたということではないでしょうか?

 

 

 

6月26、27日にお世話になりました**と申します。 油屋さんには**、**と言う学生時代の仲間と泊まらせていただきました。はっきり言って、特筆すべき楽しい旅行となりました。ありがとうございました。楽しかった思い出をお伝えしたいと思い、メールしました。  旅館構えのすばらしさに感激したことで始まりました。それから部屋に入った瞬間包まれたゆりの香りに、「あっ、この旅館は違う」と思いました。月並みな言い方をすれば、癒し空間とでも申しましょうか、とにかく、安らぐのです。花の香りに心を奪われる、普段はないことです。  お風呂もこじんまりと落ち着いた雰囲気にまとまっていて、階段を下りたところにある、露天風呂はゆっくりとつかるにはもってこいでした。ただ別館の露天風呂に行けなかったことが悔やまれます。 なんと言っても食事のうまさは特筆でした。これは本当に良かったあ。山だから山の幸と思いきや、海あり山あり牧場あり。しかしそれに加え、食べ物そのもののうまさに一石も二石も投じていたのは、部屋食ではないことです。と言うのも、部屋から一旦外に出て別の建物に行くことによって、気分ががらりと変わるのです。旅館の建物を浴衣と下駄をはいて、行ったり来たり。普段とは違う異空間が部屋にだけあるのではなく、あっちにもこっちにもあるのです。 油屋さんに泊まることにして良かったと決定的に思ったことがあります。  一つは、他のお客さんのところに食事を運んでいる女将さんを見て、仲居さんに「女将さんも食事運ぶんですね」と声をかけました。すると、その仲居さんが「私たちのほんとに模範ですよ。私たち以上に(普通はなかいさんがするような仕事を)よくやってくれるんです。」それを聞いて私は、こういう旅館に来ることができて良かったと本気で思いました。そして女将さんが私たちのところに食事を持ってきてくれたときに話しかけてくれました。優しそうで、頼りがいがありそうで、しかも美人!客の私たちから見ると、いつも笑ってそうな感じですね。女将さんて。 もう一つは、なかいさんがおもしろい。どの仲居さんも前から知っているかのように会話が自然なのです。冗談も通じるし。特に、残念ながら名前はわからないのですが、”その”仲居さんには、本当にお世話になりました。”その”仲居さんはお客の気持ちを読むのが上手と言いましょうか。はたまたお客さんに楽しんでもらう術を知っているとでも申しましょうか。湯原温泉のことならこの人に聞け!といった頼りがいのある方でした。おかげで地元の方とも話をする機会も持つことができました。旅の楽しみの一つはその地元の人と交流できることです。それが身に染みてわかりました。長くなるので、とにかく”その”仲居さんにありがとうございました、楽しかったですと、お伝えください。それで仲居さんには”すべて”通じます。   帰り際、フロントで受付をしていた方に、「若女将さんですか?なんか女将さんに似てるなあと思って」と話しかけました。すると、「はい、娘です!」と、満面の笑みを返してくれました。こういう時って、普通なら、”はい、母です”と言いそうじゃないですか?それが”娘”と返ってきたのです。これを聞いて、私は、若女将さんは女将さんの娘さんであることに、ものすごい親しみと愛情、そして誇りを持っているのだなあと思ってしまいました。そして若女将ばかりではなく、仲居さんをはじめ、従業員のみなさんも同じ気持ちを持って、女将さんと共にお客さんをお迎えになられている、それが油屋さんなのだなあと思いました。3人とも大絶賛で帰ったのは言うまでもありません。一緒に撮っていただいた写真を添付します。また同じ3人で行きます。そのときはよろしくお願いします。(夢酔庵にお泊まりいただきました)  

今日はどうもありがとうございました。

美味しいご飯とすてきな温泉に癒されました。

とても満足な旅行になりました。

ありがとうございました。

 

      平成26年3月22日ご宿泊 大阪市 T様

新年あけましておめでとうございます。皆様、ご健勝にて新春を迎えられましたことと存じます。昨年はお世話になり、誠にありがとうございました。貴館を訪れましたのは2年ぶりでした。心のこもったおもてなし、お料理、温泉に日頃の疲れが癒された思いがいたしました。改めまして、心よりお礼を申し上げます。

湯原は雪景色でしょうか。寒い日が続きますが、皆様におかれましては、ご自愛のほどをご祈念いたしております。

 

    大阪府箕面市 K様