旅に幸あり、道中に福あり

 かつて、湯原温泉は山陽道と大山・倉吉を結ぶ

 街道の宿場町として栄えたところです。

 大山に詣でる旅人や米商人、牛や煙草を山陽道へ

 荷送りする人々などでずいぶん賑わったといわれています。

 元禄元年(1688年)以来、夜ごと行灯の油を絶やさず旅人を迎え、

 道中の燈火の油を提供し続けてきたことから、

 「油屋」と呼び習わされるようになった弊館。

 三百有余年に渡るその伝統は、

 湯原温泉郷の歴史そのままでございます。

 

 良質に恵まれた温泉、旬味の膳、四季折々の美しい風景。

 今も変わらぬおもてなしで

 皆様をお迎えいたしております。

 

平成27年に「日本源泉かけ流し温泉協会の会員」と

© 2014 by  yubara  aburaya

Call us now to book:

0867-62-2006
  info@aburaya.org
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now